夫にも話したことがない。
妻にも話したことがない。

私はアドラー心理学のライフスタイル診断をやっていると、しばしば、そんなことをよく言われます。

ライフスタイル診断とは、シンプルに言えば人生カウンセリングです。

それこそ、その人の人生の幼少期から今に至るまで、覚えていたこと、印象的だったこと、感情が揺さぶられたこと、そういった出来事を一つ一つ、つぶさに聞いていきます。

皆さん夢中になって話されます。

だいたい、一回当たり3時間前後で聞いてそれを複数回行うのですが、その一回を終えて「疲れませんでしたか?」と聞くと、まずほとんどの人が「全く疲れません」と言って、むしろもっと話したそうな素振りを見せます。

私の人生なんてたいしたこと何もないですよ~なんて言う人に限って時に止まらなくなります。

そして、長時間に及ぶライフスタイル診断のセッションの後、最初に来た時とは、うって変わってすっきりとした表情になってお帰りになられる方がいます。

まるで憑き物が落ちたかのように。

もしかしたら、人は解決を求めるだけではなく、ただただ自分の話をうんうんと聞いてくれる人に、これまでの人生の来し方を話すことで浄化されるのかもしれません。

私はそれをしばしば記憶の成仏と名付けています。
人は当然のことながら、小さい頃の記憶は結構薄れています。

薄れているだけならいいでしょう。
ただ、薄れている記憶の中には、未消化の記憶があります。

何かモヤモヤしたこと、何かすっきりしなかったこと、中には辛かったこと悲しかったこと苦しかったこと寂しかったこと、そういった負の感情を、あの日あの時あの瞬間に置き去りにしてしまったかのような。

自分の歴史の中で置き去りにされてしまった感情。
それが、人生で時折、忘却の彼方にあった亡霊のように得体の知れない感情として、自分をあの時に戻そうとする。

人にはもしかしたら、追体験することが必要なこともあるのかもしれません。区切りをつけるために。

あの日あの時のやり終えていない課題を、感情を感じ切ることで、その課題、その感情に対して卒業をするのかもしれません。

それは一人ではなかなかできない作業です。
ただただ、否定せずにうんうんと聴いてくれる人の前で、それを記憶の奥底から取り出して、丁寧に丁寧にあの日あの時と同じように、ただ、感じる。

そしてそれが、あたかも成仏するかのように、何かスッと軽くなるような・・・・・・

――――――

もしかしたらそんな体験をされたのかもしれない、小野美貴子さんが、アドラー心理学ライフスタイル診断を受けた感想をブログに掲載して頂きました。

小野さんの様々な感動のエピソードが織り成す人生の物語に、心を揺り動かされました。以下、ブログからの抜粋文です。

 

・・・・・・・・・・・・


「今年の誕生日プレゼントは

ずっと前から決めていました」

って、
ブログに書いたから、

何名かの方に「何だったんですか?ブログでシェアしてください♡」というメールをいただいていたんだけど、慌ただしさに追いやられてしまってました^^;

ほんとはね、
プレゼントあけたあと、すぐにブログに書こうと思ってたの

でも私、プレゼントあけて、それに目を通したとたん
涙が溢れて、止まらなくてねー・・

書ける状態じゃなかった;;

そこには、
こうありたい自分や
今までの人生を懸命に生きてきた私がいたから。。

で、少し落ち着いた頃に書こうと思ってたら
今日になってしまいました(笑)


私から私への誕生日プレゼントはね

アドラー仲間の
佐藤健陽さんが診断してくださった

アドラー心理学の
ライフスタイル診断結果

今年の2月から月に1回
4回のセッションを受け

その診断の結果を
「私の生きる物語」として
まとめてくださいました。

優しい眼差しに
柔らかい語り口調

うんうん、と頷きながら
私の話の全てを
ただただ静かに穏やかに
真っすぐ聴いてくださるその姿勢

ついつい
あれもこれも話してしまう

どんどん
内側から言葉があふれてしまう

 


気がつくと
予定の時間を大幅に過ぎ(笑)
それでも話が尽きない

それほどまでに
自分のことを包み隠さず話せてしまう

そんな不思議な魅力の持ち主(笑)たけはるさんに、
ライフスタイル診断をお願いして本当に良かった!

今、そんな気持ちでいっぱいです。

(※セッション時写真・/小野様提供)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライフスタイル診断の感想(実名)をもっと読む


~あなたの人生を紐解く究極の自分探し~
ライフスタイル診断